未分類

取り組み方が違う

日本の歯科治療は、歯が痛くなったら歯科医院へ行って治療を行うというのが一般的です。もしくは定期健診へ行き、一通り検査と掃除をしてもらうだけという場合が多いでしょう。これでは早期治療はできるのですが、また再発してしまう可能性が高くなるのです。それに対してスウェーデンスタイルの場合には、原因の追及や再発防止策も行われているので、歯の寿命が長くなると言えるでしょう。

日本の場合には、80歳になったときに、自分の歯が残っている平均的な数は9本となっているのに対して、スウェーデンでは21本になっているので、かなりの差があることがわかるでしょう。ただ治せばよいというだけの治療法では、どうしても長く歯を維持することができなくなります。予防方法1つを取ってみても、日本では検査をして異常がなければそれで終了です。

スウェーデンスタイルは、どうすればこのような健康的な状態を維持できるのかという点についても追及しています。そのため、無駄な定期健診が必要なくなりますし、病気が再発する確率も下がるのです。ただし、最初にしっかりとした検査が必要になります。それだけ膨大な資料がなければ、その人に合っている治療や予防ができなくなるからなのです。

未分類

治療方法の特徴

一般的な歯科治療の方法と、スウェーデンスタイルとでは、治療の方法が異なっています。日本では治療を行うときのみ、歯科医師と歯科衛生士、もしくは歯科助手の2人体制で患者を診ます。清掃や検査などの場合には、歯科衛生士のみで対応することも多いでしょう。それに対してスウェーデンスタイルの場合には、歯科医師と歯科衛生士が常に患者に当たるようになっているのです。

通常は最初に検査を行うのですが、これはどこでも同じだと言えるでしょう。ただし、スウェーデンスタイルの場合には、資料を作成してから患者を交えて治療法を提案していくのです。一般的な歯科医院のように、治療方法を説明するだけではありません。指導も簡単な方法だけではなく、かなり詳しく行うことで、できる限り歯の治療を行わなくて済むようになるのです。

定期的に歯科医院に来て清掃をするという方法が一般的なのに対して、スウェーデンスタイルの場合には、自宅でこのようなケアを行い、後はきちんと実践できているのかを確認するために歯科医院へ来るだけで済むようになっています。そのため、定期的に通って治療費を支払うという無駄な出費を省けるようなシステムだと言えるでしょう。何度も歯科医院に来院しないで済む方法がスウェーデンスタイルなのです。

未分類

歯科治療の種類

現在歯科治療の方法はいろいろとあるのですが、歯医者によって当然方法も異なっていますし、技術力にも差があるので、しっかりと情報収集をしてから決めなければいけません。歯を削るときには麻酔をする歯科医院が増えているものの、削る範囲が狭ければ麻酔を行わないところもあるのです。虫歯を削るだけでも違いがあるので、歯の治療全体を見ると、かなりいろいろな種類が存在していることがわかるでしょう。そんな中にはスウェーデンスタイルという治療法を行っている歯科医院も存在しているのです。(参考|川崎の歯科:武蔵小杉デンタルクリニック

そんな名前の治療法は聞いたことがないという人も多いでしょうが、名前を見ると分かるように、北欧にあるスウェーデンという国で行われている治療法になります。なぜスウェーデンスタイルという治療法が存在しているのかというと、実はスウェーデン人の歯の寿命が長いことで知られているからです。歯を治療する技術に関しては、日本に勝る国は存在していないのですが、スウェーデンでは歯を治療するのではなく、歯を長持ちさせることを目標とした治療を行っているのです。

昔は日本でもこのような治療が一般的だったのですが、戦後はビジネス重視の医療機関が増えてしまい、できるだけ歯科医院にかからない治療法というのがどんどん失われています。だからこそスウェーデンスタイルが注目されてきたのでしょう。当サイトではいろいろな治療方法が存在している中で、自分の歯を長持ちさせるために行われているスウェーデンスタイルについて触れています。