スウェーデンスタイルの歯科治療

自分の歯を長持ちさせるために行われているスウェーデンスタイルについて触れています
未分類

取り組み方が違う

日本の歯科治療は、歯が痛くなったら歯科医院へ行って治療を行うというのが一般的です。もしくは定期健診へ行き、一通り検査と掃除をしてもらうだけという場合が多いでしょう。これでは早期治療はできるのですが、また再発してしまう可能性が高くなるのです。それに対してスウェーデンスタイルの場合には、原因の追及や再発防止策も行われているので、歯の寿命が長くなると言えるでしょう。

日本の場合には、80歳になったときに、自分の歯が残っている平均的な数は9本となっているのに対して、スウェーデンでは21本になっているので、かなりの差があることがわかるでしょう。ただ治せばよいというだけの治療法では、どうしても長く歯を維持することができなくなります。予防方法1つを取ってみても、日本では検査をして異常がなければそれで終了です。

スウェーデンスタイルは、どうすればこのような健康的な状態を維持できるのかという点についても追及しています。そのため、無駄な定期健診が必要なくなりますし、病気が再発する確率も下がるのです。ただし、最初にしっかりとした検査が必要になります。それだけ膨大な資料がなければ、その人に合っている治療や予防ができなくなるからなのです。